スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

β1,3Dグルカン 放射線被曝から体を守ろう

iherbでみつけたお勧めサプリメントから、ベータグルカンの紹介です。

「不思議なキノコ」の正体とも言える機能性成分はβグルカン(ベータグルカン)と呼ばれる物質であることが解っています。
つまり、健康食品(サプリメント)の中に「ベータグルカン」という成分がどれだけ純粋に、どれだけ多く含まれているかを確かめることが非常に重要なのです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/Β1,3-グルカン
β1,3-グルカン(β-glucan、べーた-)とは、グルコースがβ1-3型の結合で連なった多糖である。植物や菌類、細菌など自然界に広く分布するが、アガリクスメシマコブ霊芝などのβグルカンは強い免疫賦活作用、制癌作用を持つとして特に注目が集まっている。β1,4-グルカンが由来に関係なく全てセルロースという名前を持つのに対し、β1,3-グルカンは由来によって様々な名前が与えられている。また、単にβグルカンと言った時には通常β1,3-グルカンのことを指す。

β1,3Dグルカンと放射線被曝
1970年代以降2011年まで酵母saccharomyces cerevisiaeを精製して得られるβ1,3Dグルカンには免疫細胞を刺激し、骨髄の増殖作用を促す作用を示す研究が、主として米国のジャーナルで発表されてきたようである。その作用に関連して、放射線(コバルト60)を被曝させたマウスにβ1,3グルカンを処置し、被曝によって減少した白血球、血小板、ヘマトクリットなどの回復を計測した実験が米国研究陣によって1986年に免疫医療誌"J Biol Response Mod"に発表されている。同実験を発表した研究グループの一員は6年後の1992年にもβグルカンがマウスの免疫細胞の活性と抗酸化物質の生成に寄与したという別の実験論文を発表しているようである(1992年2月Int. J. Immunopharmacol誌)。共に論文は英語であるが後者の論文タイトルは日本語で「放射線被曝マウスに及ぼす水溶性グルカンと粒状グルカンの比較効果」となる。こうした実験は放射線を被曝した動物に酵母を精製したベータグルカンを与えて生体機能の変化を観察したものであろう。2011年3月の時点ではβグルカンが被曝前に放射線を防護したという言わばシェルター機能の研究はないと思われる。もしもベータグルカンに関する欧米の研究結果が事実に近いものであるとするなら、人体の危機管理を目的とした、より広範で実践的な検証に力を注ぐことが望まれるのであろう。日本には危機に際する対応意識はともかく、その程度の技術力と経済力はあるのではなかろうかということが想像される。

日本で購入すると高価ですが、iherbから輸入すると安く購入することが出来ます。
Now Foods, Beta-1,3/1,6-D-Glucan, 100 mg, 90 Vcaps
http://www.iherb.com/Now-Foods-Beta-1-3-1-6-D-Glucan-100-mg-90-Vcaps/406?at=0&l=ja




1カプセル中
Beta-1,3/1,6-D-Glucan Powder (from Saccharomyces cerevisiae) 100 mg
Maitake Mushrooms (Grifola frondosa) 160 mg
スポンサーサイト

アルギン酸 放射性ストロンチウムの体外排出に

ストロンチウムが本当にヤバいことになってますね。カルシウムを多めにとって予防するだけでは足らないかも知れないので、もっと効果のあるサプリがないか調べてみました。

ストロンチウム:別の2カ所でも検出 横浜市発表
http://mainichi.jp/select/today/news/20111015k0000m040096000c.html?inb=fa
 横浜市港北区のマンションで放射性ストロンチウムが検出された問題で、市は14日、同区内の別の2カ所でも1キロあたり最大129ベクレルの放射性ストロンチウムを検出したと発表した。同区大倉山のマンション屋上の堆積(たいせき)物を住民の依頼で「同位体研究所」(同市鶴見区)が測定した結果、1キロあたり195ベクレル検出されたため、市が改めて同研究所に依頼していた。

 市によると、同区大倉山の道路側溝の堆積物からストロンチウム89(半減期約50日)とストロンチウム90(同約30年)を合わせた数値で1キロあたり129ベクレル、同区新横浜の停止中の噴水の底で乾燥した泥から同59ベクレルが検出された。市は「市だけでは危険性を判断できないので、国と連携して対策を取りたい」と話している。


参考)ストロンチウムに効果があるアルギン酸について
http://ja.wikipedia.org/wiki/アルギン酸
アルギン酸(アルギンさん)は、褐藻などに含まれる多糖類で、食物繊維の一種である。ほかに紅藻のサンゴモなどにも含まれる。
アルギン酸を形成するウロン酸は、1ユニットに1つカルボキシル基を備えている。カルボキシル基はイオン交換能が高く、周辺のカチオンと容易に結びつき、塩を作る性質がある。また多価カチオンの場合は複数のカルボキシル基が架橋構造をとり、錯体を形成する。 アルギン酸はカルシウム(Ca)との親和性が高いことが知られているが、カルシウムと似た挙動をとるストロンチウム(Sr)とも同様に錯体をつくり、不溶性の塩となる。 この性質を利用して、消化管内に取り込まれた放射性Srの体外排泄に関する研究が数多く行われ、ヒトでの実験においても、顕著な効果が認められている。

■Now デトックスサポート / 90カプセル


毎日、私達の体は排気ガス、タバコの煙、重金属などの人体に有害な物質にさらされています。これらの有害物質は、健全な体の機能に悪影響を及ぼします。
デトックスサポートは、人体にとって有害とされる化学物質、毒素などの物質を取り除く働きが科学的に証明されているハーブやミネラルを組み合わせ、不要な物質の除去をサポートします。
デトックスサポートは、毒素を取り除くことで生命活動をつかさどる各組織、細胞の機能の活性を高めるといえるでしょう。

3粒中:
  熱量 10kcal
総炭水化物 1.5g(<1%)
糖類 0.5g
タンパク質 0.5g
ナトリウム 0.5g
亜鉛(アミノ酸キレート) 5mg(35%)
セレン(L-セレノメチオニン) 70mcg
銅(アミノ酸キレート) 510mcg (25%)
マンガン(アミノ酸キレート) 10mg (500%)
アルギン酸ナトリウム 500mg
ヒバマタ(Fucus vesciculosus)(葉状体) 300mg
MSM 250mg
ビート(根)パウダー 250mg
レッドクローバーエキストラクト(4:1)(Trifolium pratense)(花、葉) 250mg 
ダンデライオン(根)エキストラクト(4:1)(Taraxacum officinale) 200mg
オレゴングレープルート(Berberis aquifolium) 150mg

海外から直接輸入するならiherb.comがおすすめ
http://www.iherb.com/Now-Foods-Detox-Support-90-Vcaps/532?at=0&l=ja

iherb.comは日本語でも問い合わせ出来るアメリカのサプリ販売サイトです。
日本で購入するより安く購入出来ることが多いのでおすすめです。特に4個まとめてなどで割引があるのがいいですね♪

カルシウム ストロンチウムから子供を守れ

横浜でストロンチウムが検出されてから、ストロンチウム対策の必要性が出てきました。
都内でもストロンチウムが検出されるはず!安心出来ません。

参考)横浜のストロンチウムと子供の守り方(緊急の2)武田邦彦 (中部大学)
http://takedanet.com/2011/10/post_81fe.html
武田先生のがわかりやすい。やっぱり怖いです。カルシウムとろうにも・・・
でも、困ったことがあります。太平洋の静岡から北の小魚は汚染されていますし、牛乳は危険で飲むことができません。従って、カルシウムをとるのは、日本海側の小魚、四国、九州、沖縄、海外の小魚、そして海外からの乳製品ということになります。でも、カルシウムが多い豆類などがありますので、情報をよく交換してお子さんがカルシウム不足にならないようにしてください。

牛乳が怖いんじゃちょっと大変。となるとやっぱりサプリメントで対応するのが簡単でしょうね。
例えば子供向けのサプリメントもあるそうです。

■カルシウムとマグネシウムを2:1の黄金率で補給するお子様用チュワブル!


キッズカル オレンジチュワブル(お子様用カルシウム)

NOW社の「キッズカル オレンジチュワブル」は、お子様が楽しく、そして健康なカルシウムの状態を保てるようにデザインされたカルシウム・チュワブルです。フレッシュなオレンジそのものの恩恵をたっぷり受けた、甘酸っぱいオレンジ風味のチュワブルは、動物由来の原材料を一切使用していないので牛乳嫌いのお子様にもぴったり!毎日の習慣にしやすいサプリメントです。

■iherb.comでカルシウムを輸入するなら
Categories > サプリメント > ミネラル > カルシウム
http://www.iherb.com/Calcium?l=ja
いろいろ種類もありますね。円高なので安く購入できるのが嬉しいですね。

■放射性ストロンチウム
放射性ストロンチウムは、ウランが核分裂する時にできる放射性物質で、放射線の量が半分になる期間の「半減期」が29年のストロンチウム90と、50日のストロンチウム89などがあります。
大気中に放出されると、牧草や野菜に付着し、とくに牧草を食べた牛の牛乳を通じて、体内に入り込むおそれがあります。
カルシウムと性質が似ているため骨に蓄積して、長期間にわたって放射線を出し続け、がんを引き起こすおそれがあるとされています。ほかの放射性物質と見分けがつきにくいベータ線という放射線だけを出すことから検出が難しく、放射性ストロンチウムが土壌に含まれているかどうか分析するには1か月程度かかることもあるということです。
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。