スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛋白糖化 たんぱく質の老化を防ぐカルノシン

老化の原因にはいろいろな要因がありますが、最近注目されてきたのがたんぱく質の老化です。
たんぱく質の老化とは、たんぱく質の一部が糖化してAGE(老化タンパク質)に変化することです。

[老化の方程式~老化の原因~]
老化の反応が最初に見つかったのは1912年のフランス。見つけたのは生化学者ルイ・カミーユ・マイヤール博士です。マイヤール博士はおメイラード反応(アミノカルボニル反応)を発見しました。メイラード反応とは、たんぱく質×熱=茶色でおいしいものになるというものです。老化の方程式もこれと一緒で「たんぱく質×熱=AGE」です。ただし、人間の場合は熱ではなく時間になります。しかし、人によって老化の速さが違うのはなぜでしょう。それは、人間の場合、たんぱく質だけでなくプラス糖も関わってきます。「(たんぱく質+糖)×時間=AGE」になるのです。AGEはAdvanced Glycation End-productsの略で日本語にすると終末糖化産物です。糖が体のたんぱく質と結びついて老化物質AGEができるのです。

[糖と老化]
食事で摂った糖は血液に入って全身に運ばれエネルギーになります。しかし、血液中に糖が多い状態になると、血管の外に糖がしみ出す糖化が起こります。中でもコラーゲンは代謝が遅いので糖化の影響が残りやすい部分です。コラーゲンの多い、骨や内蔵、血管、肌は糖化の影響が強く出てしまうのです。コラーゲンは細胞と細胞の間をつなぐ接着剤で全身の細胞の土台になります。そのコラーゲンが糖化されてしまうと全身が老化してしまうのです。つまり、老化とはコラーゲンの糖化ということです。

糖化は空腹時の血糖値が正常でも食後の高血糖で糖化が進んでしまうことがあるので注意が必要です。たんぱく質の代謝の早い組織では生活習慣の改善で糖化の影響を減らすことが可能です。

[糖化予防の方法]
糖化予防の食事のコツは先に野菜を食べるだけ。食物繊維を先に食べることで腸の糖の吸収がゆっくりになり血糖値があまり上がらないのです。

■糖化を予防するLカルノシン
カルノシンは、アミノ酸の一種であるベーターアラニンとLヒスチジンから 構成されたジペプチド、筋肉、脳などで高密度に生成されています。
脳細胞をリフレッシュし 意欲的で鋭敏な精神を持続します!
カルノシンは、 DNAやタンパク質はブドウ糖によってダメージを受け、その際に生じるのが グラケーション(glycation)と言う物質です。このグラケーションがさらに変化 してA.G.E.'sと呼ばれる大変反動的な分子となり、この物質がタンパク質、 脂質、核酸を更に破損させますを与えます。 この結果、A.G.E.'sの蓄積は、老化を早めるものとなります。Lカルノシンはグラケーションを 減少さることが示されています。そして、Lカルノシンは、老化しつつある細 胞を回復させることが人間細胞の培養研究で確認されています。 細胞の老化は、細胞分割で元気を回復できない細胞が機能不全となり、 分割前のレベルで作用しなくなるとき起こります。




[ お得サイズ ] L カルノシン 500mg

・栄養補助食品として1日1~2粒を目安に、1~2回に分けてお召し上がり下さい。
・食品ですのでどのように召し上がっても結構ですが、お食事と一緒のご摂取をおすすめします。

カルノシンは、鶏、豚、牛などの肉類に多く含まれ、うまみやコクのもとになるペプチドです。ペプチドとは複数のアミノ酸がつながっている集合体で、カルノシンの場合、ベータ・アラニンとヒスチジンが結合しています。スピーディーな吸収に期待ができる型だといわれています。
糖分が気になる方や、いつもの調子でこれからもずっとがんばりたい方、生活習慣に気をつけている方は注目の成分。いつもよりがんばった日や、いつまでも健康的でアクティブな毎日を過ごしたい方は、ぜひお試し下さい。

Lカルノシンもiherb.com個人輸入がお勧め
サプリメント > Amino Acids > L Carnosine
http://www.iherb.com/L-Carnosine?l=ja
円高の今なら個人輸入が安くてお勧めです。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。